■EasyDNS設定

 DNSサーバーがLAN内に無いためLAN内からサーバーにアクセスする場合、ドメイン名ではできず、192.168.0.2のようにIPアドレスでアクセスすることになります。 しかし、ルーターが持っているEasyDNS機能を利用すればドメイン名でもアクセスする事ができるようになります。
 ここでは、NetGenesysの機能であるEasyDNSの設定について説明します。

 ちなみに、LAN内ではIPベースのバーチャルホストを使用しるため、192.168.0.3、192.168.0.4はバーチャルホスト用のIPアドレスになっています。



 "EasyDNS機能を使用する"にチェックを入れ、対応するホストとIPアドレスを記入します。

EasyDNS設定


 IPマスカレードテーブルの設定で説明したように "WAN側から取得したDNS情報を利用する"のチェックをはずし、プライマリDNSサーバをルータ自身である192.168.0.1とします

IPマスカレードテーブルの設定






  ルーター設定
    DHCPサーバー設定
    IPマスカレードテーブル設定
    EasyDNS設定











リナックスでサーバー構築トップへ